| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

中華ぞうすい


中華系服・小物ハンドメイドと見聞録
生活用品・・・電気座布団カバーです。

去年から家族に電気座布団カバーを作れ作れとせがまれて、やっと作りました。この写真の青系カバーと下の写真のマスタード系カバー2枚作りました。。。とりあえず家に在庫の生地を組み合わせて、まーーこれならいいかなと言う感じの生地をとり合わせました。「これならいい」という事は、電気座布団カバーは、毎日お尻にこすられる・足で踏まれる・食べこぼしなどで汚れる・何回も洗濯する、、、などの条件をクリアする丈夫目で汚れが目だたず、なおかつ部屋の雰囲気と家族の好みにあい、目立ち過ぎずに部屋を明るい感じに保つ素材と色・柄だということです。。。。また、毎日お尻にこすられ・圧迫され・足で踏みつけられるので、耐久性のある縫製を求められるので、この写真でぱっと見以上の縫製を施してはいます。。。まーーー家庭洋裁の範囲内の事なので、大したことは無いのですけれど。でも「生活用品」というのは、結構大変なものです。とにかく安全であり、清潔に使用でき、ある程度の耐久性を求められ、その上使用する人の好みをカバーしなければならないので、一般的な「手芸」とは、やはり一線を画します(^^;)まーー大げさな言い方ですけど今はあえて・・・・裏面はシャツ生地にしました。コントロール部分はカバーから出るように三角に生地を裁ち落として縫い代に伸び止めテープを貼りステッチで押さえ丈夫にして作りました。生地自体は、綿100%または、綿/ポリエステルの混紡で、耐久温度はたぶん140度くらいだと思います。(^^)b



 

私の母が只今初心者「クロスステッチ刺繍」にはまっておりまして、「刺繍」とは、ぜいたく品(特に必要ではない・生活必需品ではない)という事を身をもってわかってもらっている最中です。手芸刺繍としての「ぜいたく品」とは、どういうことかと言うと、

刺繍糸はまあまあ高い(一房200〜300円)糸で、もちろん一色一房では足らないから、何色も使用する上に、糸止めのさい、初めの数センチは刺繍部分に使用できないし、糸をたくさん使うからと言ってあまりに長く針に糸を通して何十針も縫うと刺繍糸がぼそぼそになって、刺繍特有の艶がなくなってしまうので、どんなに沢山糸を使うとしても艶がなくならない程度の糸の長さにしなければならないし、もったいないからと言って、短くなってきた刺繍糸をそのまま使うと糸目が揃わずに綺麗に刺繍できなくなるので、糸は最後まで使い切ることができない・・・などなど、刺繍作品を作っている最中にも沢山の無駄ができます。

そもそも趣味の「刺繍」は、貴婦人などの優雅なたしなみだったので、もったいないからとぼそぼそになった刺繍糸をチマチマ最後まで使い切るものではない・・・・という事で贅沢品だと思っています。あともう一つ、ぜいたく品がぜいたくに使用しているものがあります。それは、「時間」です。これこそ贅沢の極みでしょうか。。。小さな刺繍にも、一針一針丁寧に、熱心に時間が使われていきます。特に生活に必要ではないものに・・・手芸のぜいたくは、とても素晴らしいものだと思います。。。

|23:06| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 陳ゴンザレス - -
テクマクマヤコン

ブログの書き込み・・・久しぶりになってしまいました。やろうやろうと思っているうちにあっという間に時間がたち・・風邪をひき・・仕事が忙しく・・・まだ師走には早いのに、私事もあれこれと立て込んできて・・・イロイロ言い訳を並べてやっと書き込んでいます。

この作品、もう2週間くらい前に出来上がっていました。。。。裏側は、ブローチになるよう、ピンも付けました。

もともとタティングレースの試し編みで余ったモチーフがありまして、ほっておくのももったいないので、フェリシモという通販サイトの手芸グッズ・セット売り商品の中に、レースモチーフにビーズを施したとても綺麗なブローチを真似して作ってみました

100円ショップでしいれたフェルトにレースモチーフを糸で止付けて、そのレースの柄に沿ってビーズ刺繍をしていきます。厚みとボリュームを出すためにフェルトは3枚重ねてあります。すぐにできると思って今増したが・・・ケッコウ時間がかかりました。側面もビーズで埋め尽くして、出来上がりです。

子供のころテレビのアニメに出てきた魔法のコンパクトを持っていましたが、大きさがちょうどこのくらいだったかなと思って、テクマクマヤコン( ^ω^)・・・の呪文を思い出しました。。もちろん呪文なんか唱えたところで、何にも起こりませけれど、ぱっと見、トルコっぽいような柄というか、異国感がある外見に自分で見とれております。。。
手作りの良いところは、それがどんなものでも、作品を作っている最中の情熱と集中、出来上がったときの達成感と自己満足にしばらく浸れる・・・という事でしょうか。自分で作ってみるって本当によいものです。こればっかりはお勧めです。

私はお酒は飲めませんが、今日は、いつ見てもキラキラ綺麗なビーズに乾杯以でございます。(*^O^*)あーー満足、今度はなにを作ろうか・・実は、もう決まっています。(^^)b

|19:37| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 陳ゴンザレス - -
タティングレースのドイリー

ドイリーとは何か・・・と言われると・・・私は、花瓶敷や、菓子鉢・置物敷などの事を言うのかと思っていました。ググると「卓上用の小型の敷物・・」とありました。卓上・・ですね・・・でドイリーの素材は色々です。布や織物・レースなどの編み物・・・刺繍やビーズを施された綺麗なものがとても多く、昔から手芸の定番の一つを飾るおなじみの物でもありました。

・・・一か月ほど前、私の母が早朝散歩をしていると、同じく早朝散歩の方から突然話しかけられたそうです。その名前も知らない方から、自分は趣味でかぎ針編みのレースを編んでいてい、今まで沢山作ってきてさんざんご近所の方達にお分けしていたのですが、それももう飽和状態なので、これを貰ってくれないかと・・・母がいただいてきたのは、直径40僂らいのかぎ針レース編みのドイリーでした。かなりきっちり綺麗に編めていて目も揃っていてとてもお上手で、久しぶりに手編みのドイリーを見てはーっとしました。最後に手編みのドイリーを手に取ってみたのは、亡くなった私の祖母が、亡くなる2年ほど前までずっと編み続けていたレース編みの最後の作品でした。久しぶりのかぎ針レースドイリーを見て、なんだか、、、言葉にしにくいのですが、、、とても爽やかで、暖かいとでもいうような情熱が見えました。取り立てて優れたデザインとか卓越した編みテクニックとか・・・そんなものではなく、ただひたすらの温かみとただひたすらの編み続ける意思が、もうお若くはないであろう方だと思われるのに作品からそれが発せられていて、生きた植物を手に取ったような静かだけれども根強い生命力を感じました。。。とても不思議でした。。。久しぶりの軽やかな感動です。。。そのかぎ針編みドイリーのお礼とお返しに、写真のタティングレースのドイリーを結ったというわけです。直径は20僂らいで小さめですが、沢山、沢山ピコットを作って華やかでカワイイ感じに結いました。まーーモチーフとモチーフのつなぎなどは行き当たりばったりなので、会心の出来とは言えませんけれど、今回は、モチーフの表裏を間違えたりましておりません・・・良かった、チョットは上達したかな・・・タティングレースはかぎ針編みレース程メジャーな存在ではないので、実際に手に取ってみる機会はあまりないレースです。多分、ドイリーをいただいた方も実際にタティングレースは手に取られた経験は無いような気がします。。。珍し系のレース・・・喜んで頂けるでしょうか・・・私の母が、また早朝散歩でその方に会うことができればよいのですけれど(^_^)b何しろそうしないとお渡しでき無いし・・・今後は母の足にかかっています。

|21:13| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 陳ゴンザレス - -
手芸( ^ω^)・・・Vol.2

今日は、バックを作り終えました。

3週間くらい前からだったか・・・全部で12個のタティングレースを結って、モチーフをつなげて、それが終わったら刺繍をしました。刺繍の図案についてもどんなものにするかタティングレースとの兼ね合いを考えて、シンプルな図案にしました。使いかけの刺繍糸がいくつもあったので、葉っぱの色もそれぞれ違う色にして、サテンステッチで刺しました。葉っぱの形も不ぞろいで、最初の図案とズレてしまっているんですが、、、仕方ありません。。。これも愛嬌( ^ω^)・・・ということで。。。刺繍も乱れていますけれど、レースも間違いだらけで(^^;)ぼろ隠しにレースの中心は小さなボタンを付けています。
バックは、いつも私の代わりに母を病院に連れて行ってくれている私の兄のお嫁さん、義理の姉に日ごろの感謝を込めて・・・という事でプレゼントのために作りました。私の義理の姉という人は・・・優しい人です。・・・なので、バックの色合いも飛びぬけて目立つ感じは避けて、ナチュラルで可愛げで、優し気で・・そんなイメージで作りました。アップリケにしているタティングレースはかぎ針で編むクロッシェレースに比べて凹凸感は少なく迫力は出ませんけれども、とても細やかな繊細さは勝るものがあるので、義理の姉にはあってるかなーーーと勝手に思い込んでこのデザインにしました。(^^)bバックの裏面に1つ内側に2つのポケット付けました。外側に着いている大きめの釦は、普段バックの口を止めるための物。内側に着いているトグル釦は、袋に沢山の物を入れたときのためにループを長くしました。。。。さて、義理のお姉さんは、喜んでくれるでしょうか・・・優しい人ですから・・・・(*^_^*)

|23:10| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 陳ゴンザレス - -
今回はブローチです・・・・

このところずっとビーズの指輪ばかりでしたが、今回はブローチ作ってみました。。。このブローチは、2人いる叔母のうち、入院していない、家でのんびり過ごしている叔母に送るために作りました。ブローチを作るのはとても久しぶりで、ビーズの種類の合わせ方にちょっと戸惑ってなかなかデザインが決まりませんでした。仕方ないので、デザインを決める前に、使ってみたいパーツから決めて(花びらになる細長いビーズを先に決めました)それを中心に必要なビーズを選んで、組み合わせて、最後のアクセントにシルバーの輪を飾りを2つ付けました。

ブローチは軽くないと着けた服にぶら下がってしまうので、重くならないように気をつきましたが、思っていたよりも軽くならずに・・・(ー.ー;)・・・ちょっと重めになってしまいました。(´Д`)ハァ…

ブローチは白いフェルトを丸く切って真ん中に青い花のクロッシェレースをビーズで止付けた袋を作って、入れました。

果たして、喜んでくれるでしょうか・・・いつもと同じアッという間に過ぎていく一日一日に、ちょっとした刺激になってもらえれば、とても本望なんですれど・・・
 

|23:26| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 陳ゴンザレス - -
手芸( ^ω^)・・・

私の叔母が入院しました。入院してからもう半月くらい経ちます。そろそろ、飽き飽きしてきて、テレビを見るのも、何を見てもつまらなくなるころかと・・・今日は、そんな心にちょっと刺激になるように、また、ビーズの指輪を作ってみました。ベットの上でこれを一人コッソリはめてみて・・・ふふふ・・・とほくそえんでもらえれば大成功です。病院の控えめなライトでもとてもキラキラ光って、小さいので、じゃまにならず、人に見られても「あら・・ビーズの指輪・・・どうしたんですか?」と聞かれたら、コレコレこうなんだとまたおしゃべりの輪が広がって少しでも楽しい時間ができればもっと成功だと想像を膨らませています。

こう考えると、作品そのものの成功、出来上がりの良さというのは、それを使用する人の手に渡ってからの話だとつくづく思いました。いろいろな製品が巷に溢れていて、お店で沢山売られていますが、本当に良いものは人の手に渡ってからの運命のような気がします。

昔、もう20年くらい前、百貨店の着物売り場で、とても綺麗な花柄の着物の半襟を見つけたので、お土産に祖母に買って帰りました。その半襟の花柄のあまりのきれいさに祖母はしばらく見とれていて、大切にしまいました。もう祖母も年なので、そんな華やかな半襟はしないし、それよりももう着物も着ないという事は知っていましたけれども、綺麗な半襟は祖母もきっと気に入ると思買いました。。。思った通り、「もう着物も着ないから・・・」などとは一言も言わず、箪笥の一番上にきちんとたたんでしまっていました。私はその後の事は分かりませんでいたけれど、母が私に「おばあちゃんは時々ダンスから出しては、じーーーーっと眺めてはまたしまって、しばらくしたらまた出して・・・」と話してくれました。この半襟は、一度も使用されることは有りませんでしたけれど、私は十分にこの半襟は使命を果たしたと思っています。これらの指輪もそうであってほしいと思います。

おまけでタティングレースのアップリケをしてビーズをちりばめた指輪入れも作りました。この小物入れに「綺麗!」を入れて、叔母がよろこんでくれれば(*^0^*)/・・・・・

|23:08| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 陳ゴンザレス - -
夜なべしました・( ^ω^)・・・

お盆の夏休み・・・昨日のビーズの指輪に引き続き時間がもったいないので夜なべしてまた作ってみました。今回はミルキーホワイト一色で、中央の盛り上がっている部分は大きさの違うビーズを使用しています。

今回の実験はいろいろな面で、よかったと思っています。この作品の成功度は48%くらいですが、今後役立つ参考度合いは100%を超えています。何がって・・・デザイン自体はシンプルなので自由度がすごくあるという事でしょうか・・・ビーズの大きさにもっと変化が付けられるし、、、という事はビーズの種類も変えられるということだし、上の写真でもわかるようにただビーズを並べているだけなので、色を変えて自在に柄が作れるという事です(^^)b

これを作り終わった後、ベットの中で電気を消した後、、わたし的には画期的な事を思いついてしまいました。うれしいです。これは行けるデザインになると思います。色彩的にも造形的にも研究のし甲斐があるのではと・・ホント嬉しいです。今後しばらくの間はこの線でビーズアクセサリー作っていこうかと思います。

ちなみデザインという意味をググってみました。デザインというのはこうしい・こうありたいという欲望・願望・希望をもって企画・設計等する行為だそうです。。。なるほどそうですね。。さらにファッションとは・・・昔専門学校で教わった「ファッション」の定義は2種類でした。教わったときは何十年も前なので、今ではファッションの定義も解釈もすそ野を広げて数を増やしています。なんでもファッションになっちゃっいますが、それこそ昔からある本来の定義でファッションという言葉を正しく使用している人は、私の周りには、今では一人もいません。ファッションを単なるオシャレやハヤリの事だと思っている人たりが大部分で、そんな人たちから、軽く「ファッション」という言葉を耳にすると、私は心がつらくなってしまいます。。。

|11:01| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 陳ゴンザレス - -
ビーズやレースや縫物や・・・

本日はお盆休みで、午前中のお墓詣りの後駅近くの山芋料理店でお昼をいただきました。。。長いもの味は好きなのですが、私は、山芋・長芋を食べるとスゴク胃が痛くなってしまって最近は食べられなくなってしまっています。山芋を食べると胃が痛くなる人はケッコウいるみたいでググってみると、どうやらアレルギーの一種の様です。山芋の胃痛は30分ほどするとおさまるのですが、あまりの痛さに背を丸めるくらいなので、もう断念しています。。。定食には

絶対山芋がついているわけではないので、私は豚カツ定食を注文して、ご飯をおかわり、がっつりいただきました。

このところの厚さで食用は落ちていたのですが昨日のケトルベルの講習会のおかげでお腹が減っていました。。。

 

きのうは埼玉県の越谷というところでハードスタイルケトルベルというもののワークショップに参加してきましたケトルベルといえば鉄の取っ手がついていてそれを振り回したり持ち上げたり・・と筋トレ色々かと思いきや、講習会の時間の打ち70%はストレッチや身体の姿勢・バランスを整えるたのめ動き・・・でした。ケトルベルの先生がおっしゃるには、小さな筋肉・動かない関節の可動域を広げたり、十分に筋肉を伸ばしておくと、筋肉痛にらずに筋トレができるという事です。確かに昨日の講習会の後はものすごくぐっすり眠れたり、お腹が減ってご飯が美味しかったり、何やら自立神経が整ったような感じがしますし、講習会の中でやった動きは、日ごろ中国武術のなかで練習しているものによく似ていました。。。。逆に言えば、数百年まえから、武術の先人たちは、すでにこのようなことは知っていて、ずっと修練で積み重ねていっていることで、日ごろ練習していることは正しかったんだ・・・やっぱ昔の人たちはホントにスゴイ!!と思い返して感心してしまいました。しかし・・・30%ほどしか軽めのケトルベルを持って動かなかったのに、私のお尻と二の腕は、きちんと筋肉痛になっております。

 

特にお尻の筋肉痛が気になるので、本日午後は家の中で写真の指輪を2個ほどずーーっと作り続けていました。ゴールド系とピンク系です。もう夢中になってつくってしまっているので、あっちこっちがアラだらけ。しかし、めげずにドンドン作っていきたいと思っています。もういっこホワイト系を作ろうかとおもっていますが、途中になっているレース編みもしたいし、夏物のパンツも縫いたいし。気持ちがいっぱいで、なかなか思うように先に進みません。とりあえず今日の残りの時間はビーズの指輪をもう一つ作る始めることにします。

|21:42| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 陳ゴンザレス - -
庭の千草・・・

去年の11月頃だったでしょうか・・・太極拳倶楽部の中間の方から、綺麗に仕立てた鉢植えの菊をいただきました。私が、うっかり菊が欲しい!と言ってしまったばかりに(._.;)もう11月なので、小さめではありましたが20日以上綺麗に咲いて、寒くなっても頑張っていました・・・

寒くてちょっとクチャっとなってきたとき、アイルランド民謡のだったか、「庭の千草」を思い出しました。もう霜が降り初めてしまった庭に一輪咲く白菊を歌った(原曲はバラです)曲です。我が家の千草は黄色で華やかでしたけれど(^^)b

まだ、お礼をしていなかったので、太極拳シューズ用の上履き入れを作ってみました。

近頃凝りだしたアンティーク着物をほどいて洗った生地で、作りました。

表は銘仙という染織りの生地です。裏は綿の矢羽で柄で表も裏もレトロにしました。

特に表の生地は古布の絹で耐久性に問題があるので、裏に全面に芯を貼りました。。。

一時代前、ファスナーといえば歯が金属製が主流でしたけれど、今はコイルファスナー(歯がポリエステル樹脂)で錆びず軽く柔らかく怪我しにくいものになっているので、上履き入れの口はこのファスナーを付けました。ちょっと上がり寸法が大きかったかなーーっと靴を入れたらぶかぶかだとか・・男性用シューズは大きいからと、大きめに作ったのですが、それだけが心配です。。。8月初めの太極拳倶楽部の暑気払いと称する飲み会でこの上履き入れ、お渡しできれば、今回のミッションは完了予定です。(^^)

 

 

 

|09:34| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 陳ゴンザレス - -
メニエールの方達へ

・・・・多分・・・沢山の方達がいらっしゃると思います。。。。今回メニエール病の発作が起きたのは3年ぶりくらいでした。

西日本豪雨でとてもお天気が悪くなってきたときあたりから、初めは偏頭痛から始まって、、、吐き気がしてきて・・・なかなか頭痛が収まらず、それでも我慢して仕事を続けていたある日、朝起きてふらつくなーと思いつつも、電車に乗るとどんどんめまいがひどくなって、会社には行ったもののすぐに仕事場の近くの耳鼻科に行きました。薬をもらって、やっとの思いで家に帰ってとにかく寝て。。。でも、寝ていても船に乗っているように、めまいが続いて吐き気が止まらず・・・きっとこんなつらい思いをしている方が沢山いらっしゃると思います。医者からは、とにかくゆっくり休んで、とにかく休みなさいと言われて、思いっきりマズイ薬を飲みながら、ひたすら寝てました。。。寝てても具合が悪いしつまらないし・・・・なので、音ながら手元をあまり見なくてもできるタティングレースしてました。糸も太目の糸で、編みやすいものにしました。写真の緑の糸は、私の祖母の形見のレース糸です。私の祖母も編み物や手芸が好きで、特に年を取ってからは、重くて大きくなる毛糸のセーターなどではなく、軽くて小さく編めるレースばかり編んでいました。祖母が残したレース糸で、お花のモチーフをいくつか作って、つなげてネックレス・ブレスレット・イヤリングを作ってみました。

私の祖母は緑色が好きな人で、着物でもバックでも緑色を好んで身に着けていました。子供のころや若いころ私は緑はかなり苦手な色でしたけれど、日本色研の色彩学を多少学んだころから、色に対する垣根がなくなり、年を取った今では緑は好きな色の一つになってしまっています。

緑の魅力は何かと思った時、派手ではない色にも関わらす、とても目立つ色・・・だという事でしょうか。。。不思議です。自然でもありエキゾチックでもあり個性的でもあるのに昔から野山に普通に目につく色でもあり。。。何とも言い尽くせません。

緑のレースのお花のモチーフに、エメラルドのスワロフスキー、そろばんカットビースとビーコックグリーンの中玉ビーズでアクセサリーに仕立てました。かなり気に入ってます。緑色がかえってどの色の服にも合うので、使いまわしがきくし。。。おばあちゃん、ありがとうですm(*^_^*)m

 

めまいの発作が起きてから、3週間ほどたった今でも、チョットした時にふらつきますけれど、でも、今は普通の人でもふらつく程暑い季節だし、できるだけのんびりと過ごすようにっ心掛ければ、きっともう大丈夫。。。です。。。つらい方がいらっしゃいましたら、もう、かまわず休んでくださいね。皆様も。。。


 

|23:47| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 陳ゴンザレス - -
| 1/55 | >>
LATEST ENTRY
ARCHIVE

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.