| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

中華ぞうすい


中華系服・小物ハンドメイドと見聞録
表演服・・・・Vol.2

本日は表演服作りの続きです( ^ω^)・・・

今日は、メインの一つ、衿付けです。こ・こ・これは難しい!の一言に尽きます。何が難しいかと言うと

ゞ泙阿蠅糧庄澆侶舛閥泙離薀ぅ鵑侶舛全く違うので、縫い合わせるとき形が違うもの同士を突き合わせに端を揃えて縫うのが(ーー;)です。

衿ぐりの縫い代は、縫っている最中も大変吊れて縫い目がズレやすく綺麗に縫いにくい。

A庵羶瓦龍泙離ーブが左右対称に見えるようにそろえて縫うのが至難の技。

などなどの理由により、衿は永遠に終わらない課題の一つです。沢山待ち針を打ってそろそろと縫い始めて・・・
一回縫い直しをしました。。。

写真は表衿を縫っているところです。

今回は、表衿・裏衿、同時に縫い合わせると難しすぎるので・・・イヤ・・・私の腕が悪いので、まず表衿を付けて様子を見ながら、裏衿を付けていきたいと思います。
表衿を付け終わりました(^^;)何故か衿付けはいつもドキドキします。

 

私が縫っているこの縫い方は、伝統的な中国服の作り方ではありません。本業の婦人服(洋裁)の技術を表演服ように少し縫い方を変えています。

伝統の中国服は、身頃衿ぐり始末をすべてやり終え、衿は衿ですっかり作ってしまってから、衿ぐりのきわと衿の端とを衿がきちんと立ち上がるように細かくまつりつけていきます。この時、衿に使用する芯はチャイナカラー専用の硬い芯を使います。今でも私の母校の購買部や一部大きな手芸専門店では、チャイナカラー用の芯ください!と言うと、店の奥から出してきてくれますが、表演服は機能上、大きく体を動かしたり、ジャンプしたりするので、柔らかい芯を使っています。

衿裏を付けてから、衿ぐり〜前端を今度はピンク色のサテンテープで縁取っていく予定です。。。でも、本日は、これくらいで。。。。
 

|22:29| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 陳ゴンザレス - -
スポンサーサイト
|22:29| - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://tyu-kazousui.jugem.jp/trackback/546
<< NEW | TOP | OLD>>
LATEST ENTRY
ARCHIVE

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.