| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

中華ぞうすい


中華系服・小物ハンドメイドと見聞録
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|| - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
ケルティッシュ・・・?

本日の写真はタティングレースのドイリーです。参考にしたのは、タッチングレースという手芸本の中のテーブルセンターですが、そんな大作は私にはまだ無理なので、モチーフの数を減らしてドイリーにしました( ^ω^)・・・で・・・タッチングレースという本の名前ですが、この本は1995年発行となっており、私が服飾専門学校で、このレースの編み方を習った時の名前も「タッチングレース」でした。いつ「タティングレース」になったのか全く不明です。けれど、まーーー、私も今っぽい呼び方にしています。今では・・・。たいして良い出来ではありませんけれど、いつもとちょっと違うところを書きますと、柄域がケルトっぽいかなーーーくらいでしょうか・・では、ケルトというのは何かと問われても困るので、知りたい方はどうぞご自分でググって見てくださいませ・・・・

ケルトっぽい気がするこの柄は、ヤッパリちょっと複雑で、難しかったです。タティングレースは、結び目を作りながら結い進んでいきますが、柄によって表と裏を変えながら結っていきます。この表と裏を見極めながら結い進んでいくのが、経験が浅すぎる私には、難しかったです。いくつもまちがえました(;_;)・・・何事も練習だと、何度間違えても挫折から立ち上がりやっと完成させました。。。

完成させたのは、ちょうど今年の1月、福岡旅行先の電車の中でした。なにやら運命的な・・・この作品を見るたびあの福岡県直方市の何とも言えない広々とした車内の印象と1月の青い空を一緒に思い出しいます。

人もまばらな社内で、駅周りの町の雑踏もほとんど聞こえなかったのんびりしたあの時はじっとこのレースに結いこまれて今も消えません。真っ白な細い糸の結び目に一つ一つ思い出になりました。(*^_^*)
 

|17:10| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 陳ゴンザレス - -
スポンサーサイト
|17:10| - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://tyu-kazousui.jugem.jp/trackback/567
<< NEW | TOP | OLD>>
LATEST ENTRY
ARCHIVE

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.