| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

中華ぞうすい


中華系服・小物ハンドメイドと見聞録
東京三菱一号館美術館にて・・・

昨日は、東京でした。

 

皆様ご存知の東京駅です。

私は、機能重視の簡潔で力強いデザインも好きですが、このような装飾のための装飾デザインもだいすきです。
これを見てると気持ちが穏やかで、優雅になったような気がして、嫌な事でもそれほどではなくなってきそうです。
まーーーとにかく綺麗です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東京駅の天然スレートの屋根は駅の再建の時、大変な苦労をしてふきなおしたとNHK特集が放映していたのを思い出しました。
銅の枠や銅の装飾・・・エレガントです(^^)b

 

 

 

 

 

オデロン ルドン展のために東京に行きました。東京駅近くにある三菱一号館美術館もレンガ造りで、素敵です。
歴史あるヨーロッパの高級アパートメントの様です。

ルドンの絵は、以前展覧会があったときに観ていました。その時からずっとルドンの花瓶の花の絵は好きでした。
ルドンと言えば、暗いイメージの不気味な絵も有名ですけれど、私はやっぱりお花です。
ルドンの絵以外でもとても好きな絵は沢山あって、欲しいと思う絵や、ズーーーっと見ていたいと思う絵、色々在りますけれど、
色・空間の特徴ある捉え方のルドンの花の絵は、私にとって、「この人の絵を真似したい!・・」と心から思う唯一の人です。
こんなところにこの色を使ってもいいんだ!おかしくないんだ・・・もっと自分の思った通りにどんどん色を置いていいんだ、
と気がつけせてくれたようで、自信を持たせてくれているようで、とても心に残る良い展覧会でした。

三菱一号館美術館が誇るルドンの「グラン ブーケ」のレプリカの写真です。写真撮影がOKな部屋で撮ったので、チョット光ってしまってうまく取れませんでしたけれど、別室にある、本物の「グラン ブーケ」を見て、、、、思いました。
とんでもなく綺麗な青い花瓶(地球)にふんだんに生けられている色々な花(万物)は勢いよくのび、花を咲かせ、あるいは枯れて・・・と私には花には見えませんでした。私は、花と花瓶が地球の恩恵を吸収してブワーーっと生命をみなぎらせて地球上で一生を繰り返す万物に見えました。
花を取り巻く空間も、晴天・雨・嵐・乾燥を巡らせて取り巻いているように見えました。・・・・そんな不思議なエネルギッシュな大きな絵でした。お花ではない・・・
 


一通り見て回って最後は三菱一号館の中庭で、スタバのコーヒーをいただきました。中庭は、バラの園でした。
まだつぼみも多くてこれからしばらく楽しめる様でした。
風が吹くたびにバラの香りが運ばれてきて漂い、行ったことが無いヨーロッパ気分をちょっと味わえた感じでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

三菱一号館とは逆の八重口から伸びる大通り沿いに、江戸時代、大政奉還の2年前から操業の糸屋さんが有ります。「越前屋」さんといいます。

刺繍糸などは、ほぼ全て揃う老舗です。
美術館の帰りに5番の刺繍糸を買おうと思ってお店まで行きましたが・・本日休業(;_;)でした、大変残念です。

気持ちは割り切れず、仕方ないから新宿のオカダヤまで行くかと思って時計を見たら、もうあまり時間がありせんでした。。。これから神奈川県相模原の通背拳の練習に行かなくてはならなくて、あえなく断念・・・また東京駅に向かいました。

 

|20:35| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 陳ゴンザレス - -
表演服・・縫い始めました。

本日午後から、縫い始めました。この写真部分は、衿まわりから前あき部分の飾りの縁取りです。この部分んが一番手間がかかります。縁取りの形を作ってしまってから、縫い合わせる前の身頃に縫い付ける予定です。この縁取り部分、左右対称に形よく仕上げるのは至難の技で、もう私には無理なので、後でチャイナボタン(華釦)でごまかそうと、今から考えています。

細い縁取りの色合わせは、目立つように濃い目の色味や、補色・反対色(例えば青なら黄色、赤なら緑などの激しい色合わせ)も多いのですけれど、この縁取り自体、伝統的には縁起の意味合いもあるので、今回は、穏やかなベージュの細い縁取りを、楽しく温かなピンクで囲みました。これからはそんな風に過ごせればいいな・・・と思いまして。。。

ミシンではぎ合わせていきます。つるつるすべる生地なので、慎重に針目も細かく、ミシンのスピードも落として、丁寧に縫い進んでいきます。この生地はデリケートなので、使用する針も1ランク細いものを使っています。
両脇の裾のスリット部分と、前あき〜ぐるっと衿ぐりまで、飾りの縁取りを縫い付けます。なかなかはかどりません(ー.ー;)。。。まーとにかく本日はもう22時を回ってしまったので、お風呂に入ってから、また少し縫おうかな。。。

|22:30| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 陳ゴンザレス - -
レースの後は・・・・

下のタティングレースの続きです。レース編みを完成した後、家から歩いて15分ほどの農業試験場の敷地に侵入しました。地元ネイティブな人たちの憩いの場になっているところです。。。。思いっきり広々として、奥の方には、野球場やランニングコース(本当は、トラクターや田植え機の試験コースらしいです(^^;))があり、少年野球チームが練習していました。
写真が横向きになってすみません。日進という所に「日進の木」がるとは、今日まで知りませんでした。
グランドにも沢山の野の草が花を咲かせて、もーーとてもカワイイです。へびイチゴもかわいいです。すでにのびるもありました・・・・これを食する人もいらっしゃいますが、私はちょっと・・・

真っ白なテッセンが今を身頃と咲いていました。(すみません。ここのブログの写真の挿入方法で縦長がどうしても横になってしまいます。)あまりの白さに紫外線のせいか青みを帯びて見えます。ここに本文を記入してください。
タイサンボクという木が野球場の脇に数本あります。大きな木で、とても大きな花が咲くようです。写真のつぼみはこれから咲くタイサンボクのつぼみで、今年は例年に増してつぼみを多くつけていました。タイサンボクのお花見は来週以降になりそうです。。。。では、、、、午後は表演服作りにいそしまないと。

|14:09| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 陳ゴンザレス - -
午前中は・・・・

今日も良き五月の連休です。。。いい天気です。本日午前中、朝のうちに、昨日やりかけのタティングレースを仕上げました。ここに写真は色が暗く映ってしまいましたが、実際はもっと鮮やかな紫色です。家にあった半端物のレース糸で作ったので、紫でも色々になってしまいましたが・・・6角形のつもりですけれど、結構いびつになってしまいました。まーー初めてのタティングレースドイリーで、やっぱりこの編み方は難しく、間違いが多いので、お花の形もいびつで(;_;)・・・仕方ありません。くじけずこれからもトライです。下は拡大写真です。拡大すると、タティングレース部分と、かぎ針レース編み部分とがよく見分けられます。
 

|13:46| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 陳ゴンザレス - -
練習後に・・・

今日は、・・・いえ、もう12時を回っていしまったので、昨日になってしまいしたが、5/3木曜日の夜は、太極拳の練習がありました

。たまたま祝日だったので、参加することができて、連休後半の初日を満喫できました。。。この連休中から夢中になっている、タティングレースを鞄の中に忍ばせて、練習帰りの電車のかでものんびり編み物を続けられました。タティングレース部分は間違えだらけですがやっと終わって今、縁取りをかぎ針レース編みで編んでいます。編み物を一目一目今日の(昨日の)太極拳の練習でした技や、太極拳の套路の部分練習の動作や色々・・色々、思い返しながら編んでいると、(かえって手を動貸しながらの方が良く)思い返すことができます。。。。さて、今日はもう遅いので、これで寝ることにします。明日は、全く手を付けていない表演服えお進めないと間に合わないことになってしまいます。なぜあまり気が進まないのか、自分でもナゾですが、まーー作り始めればきっと夢中になれるのでは。。。。

|00:58| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 陳ゴンザレス - -
取り合えずできました・・・・

クロスステッチ刺繍とかぎ針編みレース縁取りのブレスレット、とりあえず完成です。
裏面は釦止めににしました。家にたまたまあったベージュのレース糸で縁取って、木の釦を付けて、ひたすらナチュラルに見えるように仕上げました。。。これを作ったら、同じ柄のチョーカーも作りたくなったので、これからトライです。この刺繍専用の生地は、手芸専門店越前屋さんのセール商品ワゴンで、30僂らいで¥300くらいで購入済みなので、まだまだ沢山あります。。。。でも。。。チョーカーなんて、私のたるんだ首には合わないから、出来上がってもつけることは無いと(ノ_;)・・・
 

|22:14| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 陳ゴンザレス - -
ああ・・・表演服・・・

5月末「通背拳」の関係で表演会に出ることなりました。。。もともと通背拳は太極拳と違って、1つの套路にかかる時間がとても短くたいがい1〜2分足らずで終わってしまいます。通背は単操メインで、太極拳のような套路を重視する考え方はほぼありません。でも色々つながりの、他流派のからのお誘いでの参加という事で、短い套路でも、通背拳のメンバー総出で持ち時間をつぶさなければならないことになり・・・・

という事で、只今それに向けて表演服を作成中です。

生地は婦人服のモカ茶系カラーのサテンクレープ(18m 1000円くらい)・白地に金糸のチャイナブロケードの縁飾り。ピンクとベージュのサテンテープで縁取りする予定です


裁断は終了したので、いよいよ縫製・・ですが、表演会と同じくあまりモチベーションが上がらないのが最大の問題です。。。でもマア、ここまで来たら作るしかないし→作ったら着るしかないし→着たら表演するしかないので、取りあえず・・・・やります。
 

|16:16| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 陳ゴンザレス - -
休日の手芸色々

ゆっくり休める連休なので、今日は続けて投稿します。うららかな日はのんびりと、手芸に興じる贅沢を満喫させていただきます。写真はタティングレースと言います。あまり知られてはいませんが、とても歴史が古く、ルーツは古代エジプト時代・・・とかになっています。紐・糸の最も基本的なテクニック「結ぶ」を使用した、レースで、通常レースは「編む」と言いますが、このタティングレースは「結う(ゆう)」というらしいです。。。が、自分一人で練習がてら適当にやってるくらいなものなので、特に名称はどうでもよいのですけれど、このレースケッコウ難しくて、形よくできません。なので、どんどんのめり込んでいきます。。。やめられませんね。。

 

 

 

 


上のレースは、テレビを見ながらの作業で、こちらの刺繍はパソコンのユーチューブを見ながらの、ながら作業でしています。一週間ほど前、東京駅の八重洲口からすぐの所に「越前谷」さんという手芸専門店に行ってきました。実に10年以上ぶりくらいです。お店の規模はほぼ昔と変わらない感じでしたけれど、品ぞろえは少し寂しくなったような気がします。しかし、しかし、あちこちのユザワヤ、トーカイなどの店舗が減少する中、さすが1860年代から操業の越前屋さん糸・刺繍糸の品ぞろえは今ださすがと言えます。充実です。・・・で、チョット寄ってみただけで本当はレース系の材料の買い出しのつもりが、刺繍系も買ってしまったという次第です。

 

写真の作品は、これから周りを切りそろえて、かぎ針編みレースで縁取って、ブレスレットになる予定です。今日で刺繍は終了です。完成まであともう少しです。


 

 

|16:01| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 陳ゴンザレス - -
なんと2年ぶりだったとは・・

昨日はあまりにも良いお天気で、日差しが強すぎるので、夕方頃近くの公園まで散歩に出かけました。歩数計を持って行ったので、行きかえり合わせて1時間半ほどの工程、12000歩くらいとなりました。・・・何はともあれ良い季節で、このブログの更新もふと思いついて、また書き始めた次第です。川のせせらぎも、衿描いたように穏やかで、初夏の良き日を満喫してきました。道の両脇に咲くお花を見てふと気が付いたのですが、最近の道端の雑草は、めっきりオシャレになったのか・・・なんとカモミールがワシワシと道端の雑草のごとく咲き誇って、あたりはハーブティーのような香りがただよっています。農家の方達が、カモミールや矢車草や真っ白な花びらのマーガレットに囲まれてお茶をしてました。。。ハイカラっていうか、イギリスっぽい田園風景の様でした。ちょっと見ない間に道端の草まで変わっていくものなのですね・・・田舎の風景は永遠だと思っていたのですが。

|15:12| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 陳ゴンザレス - -
フレーベルのベルフラワー
表題のフレーベルというのはたぶん人の名前です。
折り紙の折り方を編み出した人の一人だと思います。
このくすだまの折り方や作り方は「折り紙ドットコム」http://origamio.comから
折り図を購入して作りました。お手本はこちらです
http://origamio.com/gallery/combination-works/half-kite-unit-combinations/bellflower-of-froebel.html
折り紙で作ったくすだまというと、どこか和風なものを連想しがちですけれど、このお手本は何となくエキゾチックで洋風な見かけに惹かれて作ってみました。

写真はお手本とは違って、お花の中心に白の梵天を付けて、お花と組ませる角形のパーツはギンガムチッェックや水玉・ハート・花柄など思いっきり乙女チックな折り紙を合わせて可愛い花かごのようなイメージで作りました。このくすっだまは最近入院してしまった私の叔母に送ろうと思って、殺風景な病室で退屈な毎日を少しでもあくるくしようと思い全体的にピンクで明るい組み合わせにしました。喜んでくれるといいんですが。。。それにしても折り紙って便利です(^^)折り紙自体とて安価でどこにでも売っていて、
ちょっとした時間の隙間(パソコンを立ち上げる間合いや寝る前の5〜6分)や食後のひと時、テレビを見ながらなどいつもテーブルのわきに置いてすぐにちょこちょこっと何気なくスルッと折ることができ、手持ち無沙汰にならない便利な手芸です。これと似た役割に、編み物やパッチワークなどの小さな縫物などもありますけれど、編み物や縫物のたぐいは生活に役立つものを作ることが多く、それに引き換え折り紙のくすだまというのは、全くの飾りもので、「実用」とは別の存在です。これこそ折り紙くすだまの最大の魅力だと思っています。ただひたすらに「鑑賞」用です。まさに人の作り出すもので、とても心が潤うものです。
|23:18| - | comments(1) | trackbacks(0) | posted by 陳ゴンザレス - -
<< | 2/54 | >>
LATEST ENTRY
ARCHIVE

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.